<清澄白河>サンフランシスコからやってきた美味しい珈琲「ブルーボトルコーヒー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

念願の本家「清澄白河店」

ブルーボトルコーヒーが日本に出店してだいぶ時間が経っているので、紹介するのは今更感があるのですがやっとご本家に行けたので紹介したいと思います。清澄白河は半蔵門線でアクセスもよく、お寺が多い普通の住宅地です。高層ビルもなく、どちらかというと古い建物が多い街でなぜこの地にこんな有名なお店が?!という疑問は持たずにいられません。

20160814_8685_Fotor

お店前の雰囲気。この場所だけ、人がすごく多いです。

工場が併設された店内

なぜ清澄白河という地を選んだのか、気になったのでググってみると納得する答えが書いてありました。まず、美味しいコーヒーを提供するために焙煎する工場を併設する必要があり、その場所を確保するための広いスペースが必要ということ。

20160814_6622_Fotor

天井もむき出しで、奥には焙煎している工場も見える〜!

20160814_971_Fotor

以前新宿店に行ったときに、豆をお土産に買っていこうとしたんですけど、ここ確か挽いてはくれないんですよね。

20160814_868_Fotor

注文したコーヒーが出来上がると名前を呼んでくれます。ニックネームでもOK。私はたいてい、全く違う名前とかを言って(笑)勝手に楽しんでいますが。

20160814_3826_Fotor

こういう風にお客の前でドリップしてくれる最近流行りのものをサードウェーブ(第3の波)コーヒーといって、ブルーボトルもその一つ。今では大人気なので、都内だけでもけっこう店舗数が増えてきたような気がします。

空間が売りじゃない、美味しいコーヒーを飲んでほしい

ついつい長居したくなるようなカフェって、ソファーが置いてあって座り心地が良かったりと工夫されていますが、どうもここはそんな感じはないみたい。回転率もよくて、コーヒーを買ったらさっさと外に出て行く人の割合が多いです。というのも、長い大きな机がボーンと置いてあって、知らない人と隣り合わせ、椅子も小さくてお尻が痛い感じ(自分の尻がでかいのか笑)

20160814_969_Fotor

店内用であっても、サイドメニューまでペーパーバッグがついてくる感じ…。レモンパウンドケーキ、しっとりしてて美味しいです。ワッフルを食べてる人の方が多かったかな。

20160814_1673_Fotor

ご本家はこんな感じですが、新宿店は机と椅子がちょこちょこ散らばってて、友人と談笑できる雰囲気です。場所によって使用用途も変わってくるでしょうから、内装も変えてるんでしょうね。個人的には青山仕立てのブルーボトルがすごく気になりますね。

S__18972758_Fotor

ちなみに、ご本家の閉店は19時とちょっと早めなので気をつけてくださいませ〜。

2016年8月16日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.