【銀座】日本とフランスの融合を鮮やかに表現するショコラに舌鼓!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京銀座に本店を構えるショコラトリー『Décadence du Chocolat (デカダンス・ドュ・ショコラ)』

「おやつとしてショコラを買って道端で頬張る」

フランスでは当たり前のショコラを楽しむ文化を日本でも広げていきたい。

そんな「日常にショコラのある贅沢」を多くの方に楽しんでいただきたいという想いから、厳選した材料を使用し、手間を惜しまずひとつひとつ職人が手作りしたショコラが楽しめるショコラトリー『Décadence du Chocolat (デカダンス・ドュ・ショコラ)』

今回は、そんな同店のちょっと気になるオリジナリティ満載のショコラをご紹介しよう。

「ボンボンショコラ24個入り」

そのショコラがこちらの「ボンボンショコラ24個入り」だ。

『デカダンス・ドュ・ショコラ』の人気ショコラ24種類を合わせたアソートメント。

24種類のフレーバーを一挙大紹介!

それではその24種類のフレーバーを紹介しよう。

◆一段目

・プラリネ・レ:ヘーゼルナッツとアーモンド2種のプラリネをミルクチョコレートで合わせたショコラ
・シトロン:レモンの爽やかな酸味、甘味、苦味が感じられるショコラ
・さつま:芋焼酎をビターガナッシュに練りこんだショコラ
・メープル:濃厚なメープルシロップにバニラの香りを合わせたショコラ
・ココ・キャラメル:ココナッツとキャラメルを合わせたビターガナッシュのショコラ
・フランボワーズ:フランボワーズの酸味と爽やかな香りがストレートに感じられるショコラ

◆二段目

・バジリク:フレッシュバジルとオリーブオイルを混ぜ合わせたショコラ
・ピスターシュ:イタリア産ピスタチオペーストを使用したショコラ
・ジャンジャンブル:フレッシュな生姜の風味が口の中に広がるショコラ
・ブラジル:ブラジル産コーヒー豆を合わせこんだショコラ
・プラリネ・オランジュ:アーモンドのプラリネ、ミルクチョコレート、オレンジピールをミックスしたショコラ
・山椒:山椒の持つ独特の香りと辛味が優しく口の中に残るショコラ

◆三段目

・ロッシェ・レ:ヘーゼルナッツとアーモンド2種のプラリネにローストしたアーモンドを合わせたショコラ
・コニャック・オランジュ:オレンジコニャックを使用した深い味わいの大人なショコラ
・お茶:お茶の苦味、渋味が感じられるショコラ
・カフェ・オ・レ:香りづけにラム酒を使った大人向けのショコラ
・アルペンザルツ:ドイルアルプスの岩塩を使用したショコラ
・ラム・レザン:自家製ラムレーズンとラム酒を練りこんだショコラ

◆四段目

・プラリネ・ノワール:ヘーゼルナッツとアーモンド2種のプラリネをビターチョコレートで合わせたショコラ
・アールグレイ:柑橘系の香り漂うアールグレイが感じられるショコラ
・リチ:ライチの持つ独特な甘味と香りが感じられるショコラ
・シチリア:独特な食感のマジパンベースのショコラ
・アブリコ:ドライアプリコットを混ぜ込んで仕上げたミルクチョコレートガナッシュ。
・ロッシェ・ノワール:ヘーゼルナッツとアーモンド2種のプラリネを使用するショコラ

と、どれもこれもユニークなフレーバーばかり!

特に、和の素材を使用した「山椒」「お茶」「さつま」はオリジナリティあふれる一粒!

というわけで、

小さくてデリケートなチョコレートの中に日本とフランスの融合を鮮やかに表現した『デカダンス・ドュ・ショコラ』「ボンボンショコラ」

一口いただけば、ショコラとフレーバーの絶妙なハーモニーが口の中いっぱいに広がるぞ!

まさに、日々の疲れを取り除いてくれる癒しアイテム。

日常のちょっとした贅沢にみなさんも一粒口にしてみてはいかがだろうか。

(肉食系フードライターkazukazu)

Décadence du Chocolat (デカダンス・ドュ・ショコラ)
住所:東京都中央区銀座1-2-3 G-ZONE
電話:03-5579-9181
時間:月~日11:00~21:00
URL :http://decadence.jp/

2017年1月31日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.