大阪・富田林の中華料理ならここ!喜神菜館・喜志本店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然と歴史の宝庫・富田林

大阪府南東部に位置する富田林市。南河内地区の中心都市でありながら、大阪とは思えない自然風景があり、また歴史遺産が豊富です。

そんな富田林にお勧めの中華料理店があります。それが喜神菜館・喜志本店です。

石焼あんかけ焼きそば

喜神菜館は2年前(2015年)にオープンしたばかりの新しい店ですが、その名を有名にしたメニューが石焼あんかけ焼きそば(税抜830円)です。関西ローカルのテレビ番組で紹介され、たちまち評判となりました。

いかにも中華料理らしいあんかけ焼きそばを石焼きにするという、中華料理と韓国料理をミックスしたような一品です。石焼きなので麺に焦げ目が付いて香ばしく、さらにその麵が餡に絡むという、まさしく絶品の味。野菜もタップリなのでヘルシーです。

中華料理と韓国料理のコラボというアイデア賞ものですね。ぜひ一度、ご賞味ください。

石焼あんかけ焼きそば(写真のライスは別メニュー)

石焼温玉炒飯

今度は炒飯(チャーハン)です。石焼温玉炒飯(税抜750円)という、こちらも石焼きとなっています。とことん石焼きにこだわってますね。

なにしろ石焼きなので、焦げ付いたようなアツアツのチャーハンが堪能できます。さらに上には温玉が乗っており、これを潰してかき混ぜれば、卵とチャーハンが絡み合って、これまた絶品の味。最初は温玉を潰さずにチャーハンだけ味わい、後から潰すという方法もあります。

石焼温玉炒飯

ハーフ&ハーフセット

次はランチ・メニューをご紹介しましょう。リーズナブルで、お腹も充分に満たしてくれるのがハーフ&ハーフセットです。

筆者が注文したのは餃子炒飯セット(税抜1,180円)。え、ギョーザとチャーハンだけ!?と思った方はご安心ください。ラーメンも付いてます。内容としてはハーフ石焼炒飯ハーフらーめん、そして水晶焼餃子となっています。

チャーハンは例によって石焼き。温玉は乗ってませんが、チャーハンだけでも充分に香ばしくて美味しくいただけます。

ハーフ石焼炒飯

ラーメンは王道の醤油味。チャーシューにメンマ、もやしというシンプルな具ですが、このシンプルさがチャーハンやギョーザによく合います。

ハーフ石焼炒飯もそうですが、本当にこれがハーフ?と思うぐらいボリュームがあります。見た目ではレギュラー・サイズの2/3ぐらいでしょうか。

ハーフらーめん

そしてもう一品が、この店の名物という水晶焼餃子です。さすがに石焼きでは出て来ませんが、パリパリで香ばしく、この香ばしさは喜神菜館の特徴ですね。しかも7つもあり、全然ハーフではありません(笑)。というよりも、普通の中華料理店より多いぐらいです。

ハーフ&ハーフセットの餃子炒飯セット

ハーフ&ハーフセットでは他に、唐揚げ炒飯セット(ハーフ石焼炒飯+ハーフらーめん+唐揚げ3個=税抜1,130円)点心炒飯セット(ハーフ石焼炒飯+ハーフらーめん+点心=税抜1,130円)があります。

南河内へお越しの際にはぜひ!

筆者が行ったのはお昼時だったのでランチしか食べてませんが、ディナーでも「これぞ中華料理!」というボリュームたっぷりのメニューが揃っているので、夜もぜひ行ってみてください。営業時間は11:00~15:30および17:00~22:30で、定休日はありません。

最寄り駅は近鉄長野線の喜志駅で、そこから北西へ徒歩約5分という便利な場所にあります。近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅から河内長野行き準急に乗って約25分で着きます。

また、大阪外環状線(国道170号線)沿いの旭ヶ丘交差点にあるので、車での来店も便利です。そして去年(2016年)、河内長野市に2号店となる河内長野店もオープンしました。こちらも大阪外環状線の近くにあり、最寄り駅は近鉄長野線および南海高野線の河内長野駅ですが、かなり遠いので車での来店をお勧めします。

富田林や河内長野のみならず、羽曳野市太子町河南町千早赤阪村などの南河内地区は、歴史遺産や自然の宝庫です。歴史散策等で南河内にお越しの際には、喜神菜館で中華料理をご堪能ください。

喜神菜館・喜志本店。右の道路が大阪外環状線

2017年2月21日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.