3つの塔で願いが叶う!カップルで観たい「横浜三塔物語」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『横浜三塔物語』とは、都市伝説の一つ「横浜三塔伝説」から生まれた横浜の縁結びスポットです。“キング・クイーン・ジャックと呼ばれる3つの塔が同時に見える場所を回ると願いが叶う”という伝説で、「三塔が震災などの試練を乗り越えてきたことから、カップルが困難を乗り越えて結ばれる」との噂が発端なのです。

オシャレな街横浜の歴史溢れる「日本大通り」周辺で、今度のお休みに二人で願いを叶えに行ってみませんか。

横浜三塔物語は「日本大通り駅」

P1380513

横浜三塔物語のスタートは、みなとみらい線『日本大通り駅』から。

駅のコンコースにある「三塔広場」には、横浜の見所を描いた壁画があり、そのうちの一つが“横浜三塔”を描いています。イラストはかつて「アンクルトリス」を描いた柳原良平氏で、年配の方にはこれだけでも垂涎の壁画と云えるでしょう。

まずは三塔のイメージを掴んでから、いよいよ出発しましょう。

“キングの塔”は神奈川県庁舎

DSC05742

キングの塔は『神奈川県庁舎』で、建物だけでも文化財に指定されている歴史ある建造物。重厚感あふれるレトロビルですが、これは“帝冠様式”と呼ばれる西洋的なビルに和風な屋根を乗せたデザインで、戦前に流行ったものなのです。

ここは県庁なので普段は見学はできませんが、年に何回かは一般公開しているので、その時期に合わせて行くのもよいでしょう。特に屋上からの景観はみごとです。

“クイーンの塔”は横浜税関

DSC05531

クイーンの塔は『横浜税関』で、幕末の横浜開港と同時にできた神奈川運上所がその前身。モスク風のエキゾチックな塔が印象的で、現在のようにライトアップという演出が無かった時代からライトアップされていた先駆けの建物です。

1階は「横浜税関資料展示室」で、誰でも見学が可能。普段、見ることのできない麻薬・銃器・密輸品など、かなりディープな展示室で盛り上がること間違いありません。

“ジャックの塔”は開港記念館

DSC05408

ジャックの塔は『横浜市開港記念会館』で、横浜開港50周年を記念し横浜市民からの寄付で建てられました。煉瓦造りのソリッドなフォルムは、東京駅に代表される赤煉瓦に花崗岩をとりまぜた、辰野金吾のデザインを踏襲しています。

塔には登れませんが館内は見学が可能で、大正のデザインの装飾や美しいステンドグラスなど、大正ロマンあふれる館内にうっとりすることでしょう。

三塔同時に見えるスポットは4か所

P1390003

三塔巡りのあとは「三塔スポット」に向かいましょう。三塔が同時に見えるスポットは4か所。
1、神奈川県庁前、2.横浜大桟橋、3.象の鼻パーク、4.赤レンガ倉庫前で、その場所には、それぞれスポットのプレートがあります。

下の写真は「赤レンガ倉庫前」からのものです。ジャックが小さくて見にくいですが、その分、三塔が見えたらきっと願いがかなうでしょう。

DSC05615

三塔スポットは横浜観光名所

結局、三塔スポットは、それぞれ横浜・みなとみらいエリアの観光スポットと重なりますので、見どころも満載です。

あなたなりのルートを立てて、カップルで「横浜三塔物語」を楽しんでみてください。

2015年10月20日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.