秋風に誘われて R134号線・湘南海岸公園駅に降り立ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江ノ電にある湘南海岸公園の駅名をそのまま称号

アクセス方法は3通り程小田急線江の島駅から徒歩5分、もしくは同沿線鵠沼海岸駅から徒歩10分。江ノ島電鉄・湘南海岸駅から10分のルート。

江ノ島電鉄・湘南海岸公園駅から行くルートをあえて選択。こちらは駅から徒歩10分~となってましたが迷ったので若干オーバーしました。

江ノ電の駅の中では比較的シンプルで、小さな駅です。駅を降りたときは海が近くにあるという感じではなかったのですが、進むに連れて湘南らしい素敵なお家がちらほら見えてきます。目的地を目指しながら見なれない風景を散策するのも、旅歩きの楽しみの一つ。住宅街を縫うように134号線海岸通りを目指します。134号線が見えてくると景色がガラリと変わって、湘南海岸公園に来たなという気分にさせてくれます。

湘南の大パノラマが堂々お出迎え

09260001

公園の設置自体は昭和32年11月1日。現在に至るまで50年余り経過しているようです。

目の前に江の島の海、そして各方々に富士山、丹沢、箱根、伊豆半島と伊豆大島、晴天の日には利島まで実に関東近郊の景観を余すところなく臨むことができます。

湘南というと海のイメージが強いのですが、こちらの湘南海岸公園にある広場をざっとあげてみました。

東側より、新江ノ島水族館、うみがめ広場、なぎさの体験学習館、多目的広場。

公園中央より、ボードウオークになっている海風のテラス、海風テラス西側 芝生広場。

中央に噴水のあるサーフビレッジ前円形、水の広場、サーフビレッジの入り口潮風の通り道を抜けた潮風の広場、サーフビレッジ西側に位置、遊具あり、ちびっこ広場等々。

アクティブなムード盛りだくさん。かながわの公園50選にも選ばれています。平塚市と大磯町にも同じ名前の公園があるとのことでお間違えなきように。

ちなみに所在地は神奈川県藤沢市・片瀬海岸2丁目、3丁目 鵠沼海岸1丁目、2丁目付近に位置しています。

すべてが絵になる景色湘南

遊泳シーズンも過ぎており、さすがに普通に泳いでる人はいませんが、日中はウエアを着用してサーファーの人たちでにぎわっています。湘南の海といえば波は弱めといわれていますが、全国的に知名度も高く数々の映画やテレビのロケではおなじみの場面ですね。地元のサーファーはもちろんアクセスの良さから、都心をはじめ遠方からも波乗りに来る人が多いようです。絵になる景色がここ湘南にはたくさんあります。

09260001

日中の日差しもだんだん秋らしくなっていき、仲間や家族ペットを連れて、海を見ながらおしゃべりしたり、カメラや携帯で写真を撮ったり、ただぼんやり海を眺めていたりと思い思いのビーチライフを楽しんでいる様子が印象的でした。

湘南海岸公園を経て海沿いを走る道路134号線の歩道付近も、散歩にはちょうどいいです。うっすら水平線を傍らにちょっとしたお店がちらほらあって、これは見ているだけで楽しい。海沿いとあってサーフショップもよく見かけます。やはりこの日は利用者多数のようでした。こちら湘南では犬を連れてる方が多く、愛犬と入れるドッグカフェは必需。スーパー、カフェに至るまで湘南仕様でした。

09260001

シーキャンドルのライトアップが黄昏を演出

09260002

少し離れて東側には新江ノ島水族館が近隣施設にあり、江の島の展望灯台・シーキャンドルが見えます。日が暮れかかる時間帯になると、展望灯台が美しくライトアップされていました。季節に応じてライトアップのカラーも春・夏・秋・冬と年4回のチェンジ。さらにイベントの際と音楽に合わせて連動するライトショー等も行われるそうです。この日は赤っぽく点灯してました。

2015年10月19日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.