【新大久保】あったか韓国スイーツを手軽に食べ歩き!イケメン通りのジョンノホットク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の定番スイーツ、ホットクを食べ歩き

hotoku-01

韓国料理、韓国コスメ、韓国食材などなど、なんでも楽しめる新大久保では韓国スイーツを食べ歩きしている人をよく見かけます。新大久保に数店舗を構える、ジョンノホットク。今回はイケメン通り沿いにある店舗へ行ってみました。定番のハチミツ入り、あんこ入りが人気ですが今回はチーズ(200円)を食べてみることに。券売機でチケットを買い、お店の人に渡すと焼いてくれます。

hotoku-02

この右手で焼かれているのは、私の前のお客さんのオーダー分。今、お店の人がこねているのが私の分。

もちもちとした生地を器用にくるくるっと丸めて、その中に蜂蜜やチーズなどの具材を入れたあとに鉄板にポンっと乗せます。そして例の器具で押しつけて平たくするのです。

hotoku-03

ホットクはまるめた生地の中に餡を詰めて、鉄板の上でギュウギュウ押されてひらぺったくなったスイーツです。

左奥の山みたいになっているのが私の。お店の人はビニール手袋をつけっぱなしで、油も指先にちょいちょいとつけてから鉄板に飛ばして焦げるのを防止するなど、かなり器用です。熟練の技って感じ。

生地を触る時も手(ビニール手袋の上)に油がついているから、くっつかないみたい。

hotoku-04

うっすらと中身が見えるものの、覚えていないとどれがどれやらって感じになりそう。なので、オーダーが入った順番に並べていき、間違いを防止しているような気がしました。出来上がりまで、大体5分くらいかな。

アツアツの焼きたてホットクを頂きます

hotoku-05

出来ました。ものすごーく、熱いです!油分が多く、この紙袋にもじんわりと油分がしみ出してくるからなのか、ティッシュを2枚ほど添えて手渡して下さいます。

hotoku-06

以前チーズを食べた時はいまいちだったけど、今回はなんかピザっぽくってこれアリです!甘い系も好きだけど、しょっぱい系もイケる事がわかりました。このホットクの生地ってすごく不思議で、クレープでもないしお好み焼きでもないしピザ生地でもないし、他に例え様子がない独特な味わいと食感。

hotoku-07

ふんわりと柔らかく、そしてもちもちとした弾力も併せ持っています。

中からチーズがとろ~り、とろけるような美味しさ

hotoku-08

中からチーズがとろ~り、溢れ出てくる幸せ…!予想以上に美味しかったです。たまりません。

hotoku-09

他にしょっぱい系だとキムチとのコラボもあったし、チーズ×はちみつなんてのもあったのでチャレンジしてみたいですね。でもやっぱり、かぼちゃ味も食べてみたいです。食券が売り切れで今回は食べる事が出来ませんでした。残念!

hotoku-10

こちらは4号店の様子。ドンキホーテ前の店舗などでは人通りが多い事もあり、時には行列が出来ている事も。多くの芸能人が訪れた際の写真や、マスコミ取材の様子なども飾られているのです。韓国では街中に普通にあるホットクの屋台ですが、日本では新大久保のようなコリアンタウンでしか見かける事がありません。

でも、大丈夫!食べてみたい、という方の為におうちでホットクが作る事が出来る材料や道具などを最近ではインターネット通販で購入する事が出来るんですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

●店舗情報
店名:ジョンノホットク 2号店 (じょんのほっとく)
住所:東京都新宿区大久保1-16-29
電話番号:03-3232-2030
営業時間:11:00~翌5:00
HP:http://www.hotok.jp/

2015年12月10日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © 2009-2014 Willgate,Inc. All Rights Reserved.