富士登山の服装について

  • お問い合わせ
  • ログイン

富士登山の服装について

たとえ真夏でも、富士山の寒さを甘く見てはいけません。登り始めは暑くても、山頂付近まで来ると冬並みの寒さになります。
ここでは、そんな富士登山においての服装について解説します。

インナー

インナーはやっぱり定番のTシャツがいいでしょう。1日のうちに真夏と真冬の両方を体験することになる富士山なので、上着を脱いでTシャツ1枚でも大丈夫なようなものを選ぶといいです。

素材は、できれば綿100%は避け、ウールやポリエステルなどの化学繊維のものを選びましょう。

富士山では天候の変化が激しく、旧に雨になることが多々あります。そんな時、綿だと濡れると乾きにくく、体温を奪う原因にもなりかねません。

ズボン

動きやすいものであればなんでもOKですが、できるだけ乾きやすいものにしましょう。ジーンズなどは乾きにくいので避けたほうがいいでしょう。

短パンやハーフパンツを着用する場合は、スパッツやレギンスのようなものも一緒に履き、肌の露出がない格好にしましょう。

下着

下着は必ずウールやポリエステルなどの化学繊維100%のものにしましょう。綿が混じっているものだと乾きにくくなり、急な雨の際に受けるダメージが大きいです。

靴下は登山用の厚手の物を選びましょう。クッション性の有無で疲労感がだいぶ変わります。

アウター

防寒着になるものを持って行きましょう。フリースや軽めのダウンジャケットなどがいいでしょう。あまりに重装備すぎても、着脱が大変ですし、かえって疲労に繋がります。できれば、あまりかさばらない防寒着の方がいいでしょう。

その他

その他、必要な服装をいくつか挙げます。まずはサングラス。硬度の高い場所になると、その分、直射日光が強くなります。実は、目も日焼けするので、サングラスや帽子で直射日光から顔や目を守りましょう。

あとは手袋。防寒と怪我防止のふたつの役割を持っています。雨に降られることも予期して、防水のものと軍手の二種を準備しておけば万全です。

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.