時間がなくてもここだけは!高千穂で絶対行くべきスポットは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎県にある高千穂は、神話の舞台と伝えられる地や、神々を祀る神社が数多くあり“神話の里”と呼ばれ、パワースポットや神秘的な場所が沢山存在します。今回は時間がない人でもここだけは押さえておきたいスポットをご紹介します。

 神秘的な空気・天安河原

kawara(1000x665)

画像:高千穂町観光協会

高千穂は“神話の里”と呼ばれています。日本人なら誰もが知っている“天岩戸神話”の舞台となった土地。

調子に乗って乱暴狼藉を働くスサノオを毎度かばってきたアマテラス。ですがとうとう死者まで出て、アマテラスの我慢も限界に。アマテラスは天岩戸という洞窟に隠れてしまいます。地上は真っ暗になり大混乱。そこで八百万(やおよろず)の神々が天安河原に集まって相談し、アメノウズメがおもしろおかしく踊り、ようやくアマテラスが岩戸から出てきて地上に光がも戻ったというのが、天岩戸神話のおおまかな内容。

今では天安河原は、願いを込めて小石を積むと願いが叶うといわれており、そこらじゅうに高く積まれた小石の塔が神秘的な雰囲気を醸し出しています。河原へは、次でご紹介する天岩戸神社西本宮から徒歩10分ほど。岩戸川が大雨などで増水していなければ降りることができます。

※ここではわかりやすく天照皇大神(あまてらすおおみかみ)をアマテラス、素戔嗚尊(すさのおのみこと)をスサノオと表記しています。

パワースポット・天岩戸神社

あまのいわどじんじゃ

先に天安河原をご紹介しましたが、バスで高千穂中心地からアクセスするなら先に天岩戸神社にお参りすることになるでしょう。社殿は川を挟んで、東本宮と天岩戸直拝の西本宮があります。写真は西本宮。こちらの裏側に天岩戸遥拝所があり行くことができますが、神職の方にご案内していただく必要がありますので、ご希望の方は授与所へお尋ねください。前もっての予約は必要ありません。

天岩戸神社 http://amanoiwato-jinja.jp/

高千穂峡

taki (1000x665)

画像:高千穂町観光協会

先ほどまでの神聖な場所とは打って変わって、観光スポットへ。こちらは高千穂のポスターやパンフレットに必ずと言っていいほど登場する“高千穂峡”。阿蘇火山活動で噴出した溶岩が冷え固められて見事な柱状節理を作り出しています。ここでは貸ボートで真名井の滝の近くまで行ますが、どちらかというとボートに乗るよりも滝とボートの美しい景色を眺めるのが人気。多くのカメラマンが美しいショットを狙って訪れています。

遊歩道も整備されていますので、のんびりと散策が楽しめます。もし高千穂に一泊するのであれば、早朝に訪れるのも良いでしょう。清々しい空気を存分に味わえます。

高千穂神楽

高千穂神楽

重要無形民俗文化財に指定されている高千穂の夜神楽。例年11月頃から冬の間多くの地区で行われます。高千穂神社の神楽殿ではこの夜神楽の季節以外でも楽しめる“高千穂神楽”が毎晩20時より開催されます。気軽に見れますがかなり本格的。三十三番の神楽の中から代表的な4番“手力雄の舞”“鈿女の舞”“戸取の舞”“御神体の舞”が公開されています。早めに行って、一番前に座っていると迫力ある体験ができますよ。

高千穂で宿泊するなら…

高千穂で宿泊するなら“国民宿舎ホテル高千穂”がおすすめ。国民宿舎という名ですが、外観や内装・設備はホテルそのもの。高千穂峡も高千穂神社も徒歩圏内という好立地。かなりおすすめです。

国民宿舎ホテル高千穂 http://www.h-takachiho.com/

2015年8月24日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.