【岐阜県】知る人ぞ知る、山奥にある人気のケーキ屋さん!森のケーキ香房 ラ・プロヴァンス(La Province)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元の人でも知らない人がいるかも?山奥にあるケーキ屋さん

帰省7日目。この日は妹が仕事休みだったので、私のお守り役(笑)。といっても、特に観光に出かけた訳ではなく妹の用事にくっついてった感じでした。途中、美味しいケーキが食べたいね、って事で山のてっぺにある知る人ぞ知るケーキ屋さん、森のケーキ香房 ラ・プロヴァンス(La Province)へ行ってきました。

ここ、数年前にも家族に連れて来て貰った事があるんですけど、森の中というか山の中にあるので車じゃないとまず無理です。辿り着けない。また、美味しいと評判なので市外からもお客さんはやって来ますが、山道なので迷う人も多いんじゃないかなあ…。岐阜県可児郡御嵩町というところにあります。

実家に帰る前にお店の公式インスタグラムとか見てたら雪とか積もってたし、大丈夫かしらと思ったけどなんとか到着。でも山の上で寒いからか雪は少し残ってました。

昼過ぎには完売してしまう事もある色とりどりのケーキ

店内、入ってすぐのところには色とりどりのケーキが並べられているショーウィンドウが。この日は午前に訪問したので一通り揃ってましたが、早いと昼には売り切れます。前回(といっても数年前ですが)訪問した時はほとんど残ってなかったのよねえ。

いちいちデザインが可愛いのです。悶絶する。

お値段も良心的です。うちの妹、もともとケーキ屋さんで働いていて、その時によく東京にも出て来て有名なケーキ屋さん巡りをしたものですが、地元にいても常にこういうお店をチェックしてて、このラ・プロヴァンスにも随分早いうちから通ってたみたい。

いろいろ食べたいって人には奥のプティ・フールっていう小さめサイズのケーキの盛り合わせがオススメですよ。ケーキを物色したらテーブルに案内して頂きます。

まるで天空のケーキ屋さん?素敵な眺めに癒されます…

外の空気はひんやりとしていましたが、こういうのサンテラスっていうのかな? 太陽の日差しも入って来るし、店内では薪のストーブもあってポカポカで快適でした。

ケーキにあわせてドリンクを注文したいと思います。

私、何飲んだんだっけ…確かローズ(500円)だった気がする。妹はアナスタシア(500円)というクスミティーだったのかな。

ケーキは最初にショーウィンドウを見て決めてましたが、オーダーを取って貰う前にショーウィンドウでチェックしてもよいですよ。

美味しいケーキに合わせた、美味しい紅茶も美味

で、運ばれて来ました!キャー、オシャレ。私は季節のミルフィーユ(430円)。

お茶がローズだったからなのか、それともケーキの色合いに合わせて下さったからなのか、素敵なバラの模様のカップで登場しました。

お茶もたっぷりと入っていて3杯くらいは飲めたと思います。優雅なバラの香りが素敵だったなあ。ケーキ屋さん勤めが長かった妹も「これは良心的…!」と感動しておりました。

ミルフィーユの上には大きめサイズの苺が一粒。品種は聞かなかったけれど、ジューシーで美味しい苺でした。

このジェルみたいなクリスタルみたいな飾りと、ピスタチオなのかな?の鮮やかなグリーンがよいアクセントになっています。カワイイので、つい写真を撮ってしまう…。

ミルフィーユの土台となっているパイ生地というかタルト生地の部分は力強く、パリッ!そしてサクッ!とした食感です。

断面図も美しいミルフィーユ

その間を埋めているのは、いい意味でもったりとしているカスタードクリーム、そして甘酸っぱい苺のスライスです。

ところで余談なのですが、ミルフィーユの食べ方って私、何かの漫画で知ったんですよね。崩れやすいからわざと倒してから食べるのがマナーだとか、なんとか…。正しいのかどうか知りませんが、頑なに倒していつも食べてます(笑)。

実はカスタードクリームってそんなに得意ではないのだけど、バニラビーンズがしっかりと利いていて甘すぎず、卵の濃厚な風味も感じられて美味しかったですよ。

バラの紅茶も相性悪くなかった。

こちらは妹がオーダーしたものです。カップやケーキをのせているお皿のデザイン、茶葉の形が違うのがわかりますでしょうか?

妹がオーダーしたのは、柚子のシブースト(410円)。店長おすすめらしい。

上のカラメルみたいなところがパリパリしてて、柚子の風味もしっかりと感じられて美味しかったそうです。

食後はのんびりとお庭をお散歩してリフレッシュ!

まったりとケーキと紅茶を楽しんだあとは、お会計を済ませてお庭のような場所を散歩。今は冬だから寂しいけれど、春夏に訪れるとお花が綺麗に咲いているのです。それに山の上だけあって、眺めは最高です。まあ私、山育ちなので珍しくないんですけど(笑)。でもとーっても静かなので、ゆっくり落ち着けると思います。

奥のほうにはトイレとかがありました。

駐車場へ戻る途中にある小屋。中は雑貨などを販売しているようです。

どちらかというと、お庭に飾るようなアイテムが多かったかな。

さらに、もうひとつの小屋を建設中のようでした。なんというか、この山の上にオーナーさんの趣味全開な世界が広がっているような、そんな空間です。

駐車場から見た風景がこんな感じ。山の上というか、天空のケーキ屋さんだな…。しかし、こんな人気がない場所で何年も営業出来てるってスゴイですね。ファンがついてるんだろうなあ、と思います。うちの妹も常連ですし。また実家に帰省した際にお邪魔したいなと思います。

(2017年1月25日訪問)

●店舗情報
店名:森のケーキ香房 ラ・プロヴァンス(La Province)(ら・ぷろばんす)
住所:岐阜県可児郡御嵩町謡坂4929−7
電話番号:0574-67-0186
営業時間:10:00 〜 17:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合もお休みです)
HP:http://www.la-province.com/

おすすめ交通手段を探す

岐阜発着の高速バス

岐阜着の高速バス
岐阜発の高速バス

2017年6月16日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.