お土産選びで疲れない!城崎温泉のお土産は試食で決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城崎温泉はお土産の激戦区!右を見ても左を見てもよく似たお土産物やさんが軒を連ねます。でも扱っている品物はどれも似たような感じ。旅行に来たのにお土産選びで疲れるなんて…。そんな残念な旅にならないように、今回は試食しながら楽しくお土産を選ぶプランをご紹介。せっかくのお土産ですから、喜んでもらえるお土産を自分の舌で確かめて選びましょう。試食をご用意されているのは商品に対する自信の証拠ですよ!

気分は熊?ミツバチの巣を食す!

はちみつ (1000x750)

はちみつソフトクリーム。よくありますよね。でもこちらのはちみつやさんでは「ミツバチの巣」を試食させてくれるのです!店頭に飾られているミツバチの巣の入ったケース。これはただの飾りではありません。この巣を試食させていただけるのです。もちろん、巣を試食するのではなく、その中のはちみつを試食するのですが、巣ごと食べるというワイルドな試食です。「蜜蝋」って聞いたことありませんか?小さい子が口にいれても危なくないように、クレヨンなんかに使われているのが「蜜蝋」です。
でも勝手に食べてはいけません。ちゃんとお店の人に取り分けてもらってくださいね!お味は濃厚。巣なので固い繊維質の部分が口の中に残りますのでよく噛んで食べてくださいね。
運営会社は杉養蜂園さん。養蜂園ならではの試食です。はちみつをただ販売しているだけのお店ではここまでのことは不可能です。店内にははちみつ関連商品がずらり。はちみつや、はちみつを使ったお菓子、はちみつ入りの化粧品など。「はちみつかりんとう」を試食するスイーツ男子がいたりします^^ 今やスイーツは女子だけのものではありませんね。

エビもいろいろ!えびせん専門店

えびのや (1000x750)

続いては「海老のや」さん。新温泉町という城崎からほど近い海に面した町にある会社が運営するお店です。日本海はカニやエビが豊富に採れます。そのエビを美味しいえびせんにしたのがこちらのお店。驚くべきはその種類の豊富さ。お店には色とりどりのパッケージに入ったえびせんたちがズラリ。あまりにも種類が多すぎて、迷ってしまいますが、他のお客さんも同じく、こちらを手にとってはあちらのパッケージにも手を伸ばし、やっぱりこれも捨てがたい…といった具合。有難いことに海老のやさんのパッケージは一つ一つが小さ目にできていて、沢山いろんな種類を買うことができるようになっています。
さて、えびせんの試食。甲殻類独特の深みのある味わいで、「やめられないとまらない」ですが、試食ですのでそこは常識的に!
ちょっとした個別のお土産にぴったりのお店です。

すっぱおいしい!飲むお酢

飲むお酢 (1000x750)

ここ数年ですっかり「飲み物」という地位を確立した「お酢」。身体にも良い上、一度飲むと病みつきになる美味しさです。特に健康志向の女性には大人気。どの百貨店でも「飲むお酢」のお店が入っているくらい、人気も定着しています。
今回ご案内するのは2008年にできた「木屋町小路」という商業施設に入っている「Kinosaki Vinegar」さん。
こちらで試飲用にご用意されているのは「梅ごこち」というモンドセレクションの金賞に5年連続で選ばれた梅のお酢。「そのほかの種類も気になるのがあれば言ってくださいね」と店員さん。
こちらでは好みのフルーツを漬け込んで自分好みの「飲むお酢」を作れる「マイビネガー」という原料ボトルが人気。商品名は「果物漬けてネッ酢」という、なんともコメントしずらいネーミング(笑)大きなボトルを見た瞬間持って帰るのを諦めかけますが、すぐ横に小さいタイプのボトルが!お試しにはぴったりなサイズです。
もちろん店内のドリンクバーでもいただけますので、湯上りに「飲むお酢」ごゴクゴク…ということも可能ですよ^^

2015年9月11日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.