ミナミの本拠地・難波!最も大阪らしく、活気に溢れた街を散歩~その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色んな商店が立ち並ぶ戎橋筋

心斎橋の南端からミナミの本拠地・難波に至る旅(といえば大袈裟ですが)、前回戎橋および道頓堀の周辺を散策しました。今回はいよいよ戎橋筋を南下、難波のド真ん中を目指します。

戎橋筋は心斎橋筋商店街から真っすぐ伸びており、また同じくアーケードが架かっているので、見た目は同じ商店街に見えます。ただ、心斎橋筋商店街に比べると戎橋筋は庶民的な感じがします。

庶民的な店が並ぶ戎橋筋

戎橋筋を歩いていると、1ヵ所だけ幹線道路にブチ当たる場所があります。それが千日前通です。千日前通は交通量が多く、信号で長く待たされるので、イラチ(大阪弁で、せっかちな人のこと)の大阪人はイライラしますが、わざわざ地下道を通るのも面倒なので、大抵の人はそのまま待っていますが。

もっとも、車を運転する方も、渋滞と長い信号待ちでイライラしているんですけどね。

長い信号待ちでイライラする(?)千日前通

難波の中心部・南海の難波駅前

千日前通を渡ると、戎橋筋はますます庶民的になってきます。今や大阪名物になった551蓬莱があるのも、この戎橋筋です。

やがて、再び大きな道路に出ました。目の前には古い洋風建築があります。戎橋筋の終点、南海電気鉄道難波駅前です。ここがまさしく難波の中心部と言ってもいいでしょう。

この洋風建築は高島屋の大阪店で、高島屋にとっての1号店であり、本社もここにあります。今でも「難波でのお買い物は高島屋」というマダムも多いでしょう。

高島屋と一体になっている南海の難波駅

お笑いの殿堂・なんばグランド花月

南海の難波駅前から左側にあるなんば南海通に入ってみましょう。しばらく歩くと千日前と交差しています。そこを右に曲がると、左側に見えてきました。お笑いの殿堂・なんばグランド花月(NGK)です。

今や全国展開するお笑い王国・吉本興業の本拠地であり、吉本新喜劇はもちろん、漫才や落語などで連日大盛況です。大阪旅行の際は、ぜひ行ってみたいですね。ただし、チケットの入手は困難なので前売り券は購入しておいた方がいいでしょう。

連日大盛況のなんばグランド花月

また、なんばグランド花月の南側には千日前道具屋筋商店街があります。ここには珍しい業務用の商品を扱う店がズラリと並んでいるので、立ち寄ってはいかがでしょう。お土産になる物も売ってますよ。

珍しい店が並ぶ道具屋筋商店街

大阪球場跡のなんばパークス

では、南海の難波駅に戻ってみましょう。駅の中にはなんばCITYという、オシャレな専門店街があります。ここでショッピングを楽しむのもいいですね。

そして、なんばCITYを南側に通り抜けると、なんばパークスがあります。2007年に全面開業した新しい大型複合施設で、ファッション店はもちろん、カフェ&レストラン、映画館など、若者にとって一大拠点となっています。

実はこのなんばパークス、プロ野球の南海ホークス(現:福岡ソフトバンク・ホークス)の本拠地だった大阪球場跡に出来た施設なのです。そのため、大阪球場のホーム・プレートとピッチャー・マウンドだった場所に、その跡であることが記されています。

ここに大阪球場があったことを示すホーム・プレート跡(上)とピッチャー・マウンド跡(下)

また、なんばパークスの9階には南海ホークスメモリアルギャラリーがあり、南海の懐かしい写真やユニフォームなどが展示されています。入場無料なので、野球ファンはぜひ訪れたい場所ですね。

ただし、監督兼捕手として南海を優勝に導き、戦後初の三冠王となった野村克也の名前や写真などは、大人の事情により一切載ってませんが(笑)。

南海ホークス最後の監督となった、杉浦忠のユニフォームを展示

あと、スポーツ関係では、近くに大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)があります。3月には大相撲春場所が開催され、またプロレスやボクシングなども行われます。

お帰りは南海電車?それとも、まだ旅を続ける??

これにて、心斎橋から難波に続く旅は終了しました。ご満足いただけましたか?9面8線という日本2位の規模を誇る、南海電鉄の難波駅に戻りましょう(1位は阪急電鉄の梅田駅)。

では、南海線の空港特急「ラピート」に乗って、関西空港から飛行機で帰りましょうか。それとも、まだ関西の旅を続けるのなら、高野線の特急「こうや」に乗り、真田信繫(幸村)が蟄居したという高野山に行くのもいいでしょう。

南海電鉄が誇る空港特急、鉄人28号の異名をとる「ラピート」

南海高野線のエース特急「こうや」

あるいは、難波は南海以外でも、JRの関西本線(大和路線)、近鉄難波線(奈良線)、阪神なんば線、地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線と路線が集中しているので、どこへでも行けます。

それでは、帰宅するにしても旅を続けるにしても、難波の想い出を胸に気を付けて行ってください。

2017年1月16日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.