アメリカを見ながら!?露天風呂 ~伊豆北川温泉黒根岩露天風呂からの初日の出~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカを見ながら入る露天風呂

いよいよ新しい年のはじまり迎えました。しばらく、投稿もお休みしていましたので正月休みを利用して東伊豆をドライブしてみました。

今回の目的は、アメリカを見ながら初日の出の露天風呂と、伊勢海老の干物を買い求めます。

快適な第二東名

今年の冬は暖冬で、雪らしい雪が降らずスキー場泣かせの冬となっています。

伊豆縦貫道からの富士山

伊豆縦貫道からの富士山

しかし、私の住んでいるところは、伊吹おろしと呼ばれる北陸からの冷たい風が伊吹山にあたり、さらに乾いた冷たい風が吹くところです。

朝晩の冷え込みは、愛知県でも最も厳しいところで、氷点下まで下がることもあります。

さて、伊豆に向けて出発ですが新東名のおかげで静岡県沼津インターまで1時間短縮することができます。平成28年3月には、豊田-浜松いなさ間が開通する予定ですので、さらなる時間短縮が見込めそうです。

第二東名は、時速120キロと東海地震の避難道路として作られており、直線区間が多くしかも道路幅が広いので、運転していてもとても楽です。いつも通る中央道とは全然違いますね。

新東名沼津インターから伊豆縦貫道が修善寺まで開通していますので、あっという間に伊豆修善寺に到着です。

温暖な伊豆半島

東伊豆海岸

東伊豆海岸

東伊豆に出たころ、微かに水平線が明るくなり、日の出が近くなっています。

時刻は、朝の5時30分を回ったところです。それにしても、伊豆は暖かです。早朝にも関わらず全く寒くありません。

所々に菜の花が咲いており、伊豆はもう春が来ている感じです。

伊豆北川温泉

伊豆半島は、関東の温泉地としても名高く、先ほどの修善寺温泉をはじめ、伊東温泉、北川温泉、熱川温泉、下田温泉などと数多くの温泉が湧いています。

伊豆北川温泉

伊豆北川温泉

今回訪れた温泉は、東伊豆にある北川温泉で、大小のホテルや旅館が立ち並ぶ温泉街となっています。

北川温泉には有名な黒根岩露天風呂があります。旅行番組や旅行雑誌、温泉書籍でも必ずと言ってよいほど紹介されていますので、多分知らない人はいないのではないでしょうか。

北川温泉黒根岩露天風呂

北川温泉黒根岩露天風呂

黒根岩露天風呂は、北川温泉の海岸沿いにあり、堤防を降りて海と紙一重にある露天風呂なのです。以前は、混浴でしたが時代背景から男女別の露天風呂があります。

黒根岩露天風呂は、朝6時から入浴が可能で、元旦早々初日の出を拝みながらの露天風呂が楽しめます。

海と紙一重 黒根岩露天風呂

海と紙一重 黒根岩露天風呂

ここの露天風呂には「アメリカを見ながら入る露天風呂」と書かれています。さすがにアメリカは見えませんが、伊豆大島がはっきりと見えます。

露天風呂からの初日の出

露天風呂からの初日の出

稲取漁港の朝市

黒根岩露天風呂を後にして、熱川温泉に入ってきます。ここでも温泉入浴をしようと思いましたが、今回は稲取漁港の朝市で買い出しをする目的がありましたので、次回と言うことにします。

稲取漁港朝市

稲取漁港朝市

稲取漁港は、下田漁港に次いで大きな漁港があるまちです。伊豆近海の魚が中心で、中でも地物金目鯛は築地市場でも高値の高級魚となっています。

ここ稲取漁港では、毎週土日に朝市が開かれ稲取漁港で揚がった魚や干物、その他野菜や果物が売られています。

稲取漁港朝市

稲取漁港朝市

今回は、地物金目鯛を買い付けたかったのですが、生憎漁が正月休みで生ものはありませんでした。その代わりに、地物金目鯛の干物があり、3枚で5百円の破格の干物を購入することにしまた。

金目鯛の味噌汁

金目鯛の味噌汁

朝市では、金目鯛の味噌汁が無料でサービスされています。脂ののった金目鯛の濃厚な出汁がやみつきになりそうな味噌汁です。

名物「伊勢海老の干物」

稲取漁港から次の目的の下田に向かいます。伊豆は、温暖な気候と乾いた海風で干物がおいしいことで有名です。

現在は機械で作られた干物をスーパーでいつでも購入できますが、一度手作りでしかも天日干しの干物を味わったら、恐らくスーパーの干物を食べることができなくなります。

伊豆は、干物店が多くありますが、今回は下田にある干物の万宝を訪れます。

干物の万宝

干物の万宝

万宝は、干物専門に扱うお店で、毎日手作業で干物を作り、天日干しにされています。地物の金目鯛やのどグロの干物は、生よりもおいしいと評判です。

万宝の干物には、有名な伊勢海老の干物があります。高級な伊勢海老を干物に!?と思う人もいるかと思いますが、伊勢海老を干物にすることで身が引き締まり濃厚な味わいとなるのです。

弓ヶ浜といえば青木サザエ店

目的の伊勢海老の干物を買うことができました。いつもあるとは限りませんので、事前に電話で確認しておくことをお勧めします。

弓ヶ浜

弓ヶ浜

下田市街を通り抜けて、弓ヶ浜まで足を延ばすことにします。弓ヶ浜は、伊豆でも数少ない海水浴場で、きれいな砂浜が広がっています。

今回は海水浴ではなく、弓ヶ浜にある有名な青木サザエ店を訪れます。青木サザエ店は、伊勢海老ラーメンが名物ですが、地物のサザエやアワビ、伊勢海老を取り扱っています。

青木サザエ店

青木サザエ店

目玉は、S級サザエで普通のサザエの3倍ある大きさの巨大サザエです。当然、刺身で食べるのが一番ですが、焼いても抜群のおいしさですよ。

帰途について

伊豆ループ橋

伊豆ループ橋

今回は、温泉というよりも正月の買い出しに近いドライブとなってしまいました。機械化が進み色々なものの価格が競争で下がっています。私たち消費者にはありがたいことですが、手作りで手間をかけたもののおいしさは、機械では作ることはできないと実感します。万宝や青木サザエ店をはじめ、手作りに拘るお店がいつもまでも頑張ってほしいですね。

おすすめ交通手段を探す

静岡発着の高速バス

静岡着の高速バス
静岡発の高速バス

2016年1月12日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.