東京都なのに野生のイルカに会える場所、御蔵島の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外のリゾートなどで、よくイルカウォッチングツアーを見かけますが、実は日本でも野生のイルカを見ることが出来るのはご存知でしょうか? 日本でイルカに会えるスポットはいくつかありますが、なんとその場所のひとつは東京都内にあるんです。

人口300人の小さな島「御蔵島」

野生のイルカに会える御蔵(みくら)島は東京都の小笠原諸島にある人口300人程の小さな島です。島民は徒歩10分程度の「里」の範囲内で暮らしており、お店も数軒しかありません。船が竹芝桟橋より毎日就航しているのですが、潮流と風の影響を受けやすい場所に位置しているので客船が欠航になることもしばしば。

そんな「近くて遠い」御蔵島ですが、その分到着したときの嬉しさは倍増ですよ。

DSC07887

御蔵島へのアクセスはこの橘丸で。
大島や八丈島を経由して空路で渡ることも可能です。

御蔵島で野生のイルカに会えるかも?!

そんな小さな御蔵島ですが、一番の魅力は何と言っても野生のイルカに会えること。

御蔵島の周辺に生息しているのはとても人懐っこいミナミバンドウイルカ。イルカちゃん次第では、ただ見るだけでなく一緒に泳ぐことだって出来ちゃうかもしれません。地元の人たちもそれぞれのイルカに愛称をつけて呼んでいます。それだけ御蔵の人とイルカが近い存在にあるのかもしれませんね。愛称は外見の特徴からつけられている子が多いので、イルカに会ったら地元の人に愛称を確認してみるとまた違った楽しみ方が出来ますよ。

ただ、もちろんあくまで野生なのでいつでも会えるとは限りません。また、イルカと人間がよい関係を保つために、ルールが定められています。

・イルカの食事や交尾、出産などの自然な行動を妨げない。
・小さい子供を連れた群れにはこちらから接近しない。
・水中で寄って来ないイルカのグループには再度エントリーしない。
・イルカに触らない。触ろうとしない。
・イルカに餌を与えない。
・スキューバダイビングでイルカに接近しない。
・ホイッスル、ダイビングコンピューターなど、人工音を発する器具は使用しない。
・水中カメラで撮影するときはフラッシュを使用しない。

1540436_10202568937689765_134536514117867216_o

いつまでもかわいいイルカに会うために、最低限のルールはしっかり守っていきたいですね。

イルカを見た後はイルカグッズにも注目

御蔵唯一のお土産屋さん「ふくまる商店」では、オリジナルのイルカグッズや島名物の明日葉を使用したジェラートなども販売されています。御蔵島の明日葉は苦味が少ないのが特徴で、抹茶に似た味わいですがスッキリくせがなく食べやすいのでお薦めです。

オリジナルのイルカグッズの中にはイルカの愛称が書かれたクリアファイルも販売されています。自分が出会ったイルカがどの子なのか、チェックしてみるのも楽しいかも!? その他お菓子からステッカー、マグカップなどの雑貨まで種類も幅広いのでじっくり時間をかけてお土産選びを堪能してみては。

御蔵島の商店一覧

SONY DSC

ふくまる商店。営業時間が短めなので注意。

SONY DSC

明日葉×島で取れる黒潮から作った塩ミルクのジェラート。
まろやかでクリーミーさもありつつも、さっぱりした風味なのでパクパクいけちゃいます

2015年11月2日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © 2009-2014 Willgate,Inc. All Rights Reserved.