【銀座】食パンをまるまる一斤使った巨大なサンドイッチが人気の喫茶アメリカン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌舞伎座裏にある人気の喫茶店

一時期ハマッて通っていたのですが、時代の流れとメディアに取り上げられる度に人気が上がってしまった事もあり、私が通ってた時よりもサンドイッチのお値段があがってしまってお得感を昔ほど感じなくなり最近ちっとも行っていなかった、銀座の喫茶アメリカン。先日、西日暮里のポポーのサンドイッチを食べてふと思い出し、久しぶりに行って来ました。場所は歌舞伎座の裏手。

相変わらずいろんな雑誌やテレビなどに取り上げられているみたいです。個人のブログやグルメ系サイトでもよく見かけます。喫茶店ですが、ここは巨大サンドイッチが有名なので、ほとんどサンドイッチの話題しか書く人いないんじゃないかなーと思います。私もサンドイッチ以外、食べた事ないなあ…。

店内でサンドイッチを食べる時はこんな料金体制です。平日はなかなか仕事を休めないので、割と会社から近いのだけどまだ入店した事はありません。いつも窓口みたいなところからテイクアウトでサンドイッチを買って行くだけ。

で、ここが窓口。見切れてますけど、この左手にお店へ入るドアがあります。行列が出来ている事はないけど、次々とこの窓口でサンドイッチを颯爽と買って行く通勤途中の方が多いです。お店の人はいつもここにいる訳じゃないんで、左手にあるチーン!という呼び鈴を鳴らしてお会計をして貰う仕組み。

その日、その時間帯によって揃っているサンドイッチが違うので、お目当てのものが無い時はスルーしてたりもしました。この日はポテト系がすでに品切れだったみたいです。左上のミックスバゲット(500円)は3種類の味を楽しめるので初心者さんにオススメ。でも食パンの美味しさを堪能するなら、やっぱその他の普通のメニューのほうがいいかな。基本、2種類のサンドイッチが1パックにセットになってますが、最近の情報だとタマゴだけ1種類入り300円で売られている事もあるらしい。

見えにくいんですけど、右下のタマゴチキンがこの日の私のお目当てだったんですが、最後のひとつが残っていてホッ!購入前にお店の方も「タマゴチキンで間違いないですか?」と確認してくれます。組み合わせ、多いですからねえ。パンの耳は残念ながら私の前のお客さんで終了だったー!残念!

ワンコインで買えるサンドイッチの大きさはこんな感じ

通勤途中に購入し、会社の冷蔵庫に入れて保管していたのですが、取り出した直後はパンが冷たく硬くなってしまっているので、私は食べる10~20分くらい前にわざと早めに取り出して常温に戻してから食べるようにしてます。少しの差かも知れないけど、パンがふんわり戻ってくるような気がする。うーん、気のせい?

タマゴチキン(500円)。久しぶりにこちらのサンドイッチ買いましたが、相変わらずの迫力…!でも私が初めて買った時って割引されてこれで300円だったんですよねー。もちろん、500円でもボリューム考えたら十分安いんですけども。過去記事の写真と見比べてみましたが、タマゴがなんかすごい黄色くなってる気がする。中に入っている卵のカット方法なのか、たまたまなのか。チキンは変わらず。

タマゴを食べているのか、パンを食べているのか

まずはタマゴから。最近は玉子焼きをサンドしているものとか、断面図がカワイイゆで卵を直接サンドしているものとか、いろいろありますけど昔ながらのゆで卵を軽く潰してマヨネーズと和えたものをサンドしているタイプとなります。定番ですよね。滅多に作りませんけど、自分がサンドイッチ作る時も大体こういうタマゴサンド、作っちゃうなあ。潰しすぎないのがポイント。

パンはほぼ一斤分くらい使ってるんですかね(わからないけど、よそのブログなどではそう書かれているので)。とにかく、中にサンドされているタマゴの分量が多すぎるので、パンがグイグイ押されてしまっていて変形しているのです。柔らかすぎる上にこのような形に…。

どれくらい厚みがあるかって、これくらいあるのよ…!パンの耳も美味しいので、残さずペロリと食べる事が出来ちゃいますよ。むしろ残したら勿体ない!

で、当然ですけど、めっちゃ重いです、このサンドイッチ。しかも中の具材がこぼれ落ちて来ないように食べるのが大変なボリュームと来ておる。ラップかアルミホイルなんかで軽くくるむか、最初から半分に割って具材を上に乗せる感覚(ピザ…?)で食べると良いかも知れません。

このタマゴの味付けが完璧。マヨネーズの分量がまさに私の好みで、味はしっかりついているのだけどしょっぱすぎないし、具材がボロボロこぼれ落ちてこない程度にしっかりまとまっているし、とにかくビシッ!と決まってる感があるのです。何か隠し味とかあるのかなー?私にはわからないんだけども、とにかくシンプル。


他に余分なものが入っておらず、とにかくタマゴ、タマゴ、タマゴって感じで美味しく堪能できました。ゲフー。久しぶりにこんなに一気にタマゴ食べたな。

チキンサンドの隠し味はリンゴのスライス

こちらはチキン。初めて食べた時も思ったんだけど、ここのチキンサンドってなんか食べてると「アレ?ツナと間違えた?」っていつも思っちゃうくらい、食感も味もなんか似てるんですよね。すっごい細かくチキンを割いてあるというかカットしてあるみたいで、チキンサラダみたいになってるの。

そしてこちらもパンの厚みはこの通り。ちなみに、この美味しいパンは新橋ベーカリーのものです。あー、パンの耳欲しかったなあ…。

何度かアメリカンのサンドイッチは食べてますが、チキンはどうしてもリピートしたくなっちゃう好きなサンドイッチでもあるんです。その理由は、チキンと一緒に混ざっているこのリンゴのスライス。これがなんか、本当にもう良いアクセントになっていて、クセになっちゃうんですよね…。私、酢豚の中のパイナップルとか、料理の中のフルーツって嫌いという程でもないけどわざわざ入れないかな…くらいの存在に思ってましたが、このチキンサンドには本当かかせない存在だと思う。

チキンのふにょふにょ柔らかいところに、リンゴのシャキシャキ感。マヨネーズ系の酸味を感じる味わいの中にリンゴのほのかな甘み。完璧です。

しかし、見れば見るほどツナっぽいですね。一応、チキンとツナを見分ける方法はこのリンゴのスライスがあるかないかだったりするんですけど、こんなに大きくスライスされているので間違え様がないでしょう(笑)。こちらはタマゴと違って具材がボタボタ落ちやすくゆるい感じでしたので、最初から半分に割って食べました。しかもお腹いっぱいで食べきれなかったので、半分はラップで包んで持ち帰り晩御飯にしたという。

アメリカンのサンドイッチは美味しいんだけど、特別何がスゴイとか美味しいとかって訳じゃなく、ボリュームや大きさの割にこのお値段、みたいなそういう要素が人気の割合を大きく占めている気がします。だから人によっては「大きいだけじゃん」とか「食べきれないと勿体ない」っていう人もいると思いますけど、パンだって普通に美味しいしコンビニのサンドイッチよりは圧倒的にコスパ高いし、たまにはこういう非日常的な食べ物、食べてみたいじゃないですか。ネタ的な。

そんな時にふと思い出してまた買いに行くと思います。あー、美味しかった!でも糖質とりすぎたからしばらくお休み!

●店舗情報
店名:喫茶アメリカン(AMERICAN)(あめりかん)
住所:東京都中央区銀座4-11-7
電話番号:03-3542-0922
営業時間:[月~金] 7:30~18:30
定休日:土曜・日・祝日

2017年5月22日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.