究極の懐かしさ!埼玉県にある、日本で唯一の「学校給食歴史館」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世代によって違いこそあれ、ほぼ等しく懐かしさを覚えるのが「給食」。巷では懐かしの給食が食べられるお店ができるほど忘れがたい存在です。その給食の歴史が知れる日本で唯一の資料館が、埼玉県北本市にある『学校給食歴史館』。いったいどんな施設なのか、行ってみることにしましょう。

日本で唯一の学校給食歴史館とは

p1670136

学校給食歴史館は、その名のとおり学校給食の歴史について学べる施設で、運営しているのは公益財団法人埼玉県学校給食会。したがって学校給食会の敷地の中にありますので、一般の方が入る機会はほとんどないと云っても過言ではありません。そういった意味では若干敷居が高そうですが、普通に入っても何ら問題はありません。

p1670043
そして敷地の右奥に、どことなくレトロな佇まいの歴史館を目の当たりにするでしょう。

p1670131

その歴史館のエントランスにあるのが「学校給食発祥の地」記念碑で、山形県鶴岡市にある記念碑のレプリカです。という事で、学校給食の始まりは山形県なのです。

明治22(1889)年、山形県鶴岡市家中新町の大督寺境内にあった私立忠愛小学校で、生活が苦しい家庭の子ども達を対象に昼食を与えたのが、日本の学校給食の始まりとなったのです。

メイン展示は給食サンプル

p1670128

最初のコーナーは学校給食メニューの変遷で、各年代によって懐かしさの感情が違ってくるところも面白いところです。

p1670045
最初に展示されているのが、先程の鶴岡市の日本最初の給食です。「おにぎり」「塩鮭」「菜の漬物」で、現代でも一般家庭の朝ごはんと遜色ないメニューです。ある意味、当時と現代の食レベルはどれほど変わっていないという事の表れかもしれません。

p1670055

つづくメニューは、戦前・戦中の給食で大正12年の「五色ごはん・栄養みそ汁」と昭和17年「すいとんのみそ汁」です。これを見る限り、とにかく戦中の給食は一番粗食で、世相を考えれば給食があること自体驚きと云えるかもしれません。

p1670054

そして次が戦後のメニューで昭和22年の「ミルク・トマトシチュー」です。戦後の貧しい日本での給食らしい内容ですが、注目は「ミルク」=「脱脂粉乳」で、これを経験したか、しないかが、給食における第一のジェネレーションギャップです。クラスに一人二人美味しいと云っておかわりをする人がいますが、概ね学校中で「不味い」と言わしめたミルクです。

脱脂粉乳とは、牛乳から乳脂肪分を抜いて水分を除去して粉末状にしたものです。保存性がよく栄養価が高いことから、戦後食べ物の無い時代に子供の成育の為に提供されました。これは戦後間もない頃の日本の食糧事情を知ったアメリカ合衆国の市民団体が、日本の子供たちの為に実行した支援品の一つです。その団体が、Licensed Agencies for Relief in Asia(アジア救援公認団体)なので、頭文字をとって「ララ物資」と呼ばれたのです。

p1670060

p1670063

その後、給食のメニューも徐々に良くなり、昭和30年には「コッペパン・ミルク(脱脂粉乳)・あじフライ・サラダ・ジャム」とメニューも豊富となり、昭和39年東京オリンピックの時は脱脂粉乳の末期となったのです。

p1670067
そして昭和40年にはついに牛乳の登場となったのです。

p1670076

p1670080

昭和後期から平成においては給食も豪華となり、バイキングやご当地給食などバリエーションも豊かになりました。

p1670101
特に2002年日韓ワールドカップ時には、参加国に因んだ給食などが出され大いに喜ばれました。

学校給食のアレコレ

メニューの次は食器の歴史です。

p1670109
学校給食の食器は「アルマイト」で始まりました。これはアルミニウムの表面を硫酸などで表面加工したもので、ある意味、素っ気ない器でした。その後、「ポリプロピレン」「メラミン」「ポリカーボネート」「強化磁器」「ポリエチレン」と変遷してのです。

p1670120

p1670121

この他に《給食風景》《埼玉県の農産物》《学校給食調理コンクール》《ライブラリー》といったコーナーがあります。

誰でもが思い出を持っている学校給食で、ちょっとノスタルジックな気分に浸ってみませんか。

おすすめ交通手段を探す

埼玉発着の高速バス

埼玉着の高速バス
埼玉発の高速バス

2016年9月26日

カテゴリー

  • ディズニー夜行バスバスツアー
  • USJ 夜行バスツアー
  • 八戸観光

RSS

follow us in feedly

Copyright © Evolable Asia Corp. All Rights Reserved.